20170307
(左から)八代妙見祭流鏑馬保存会 松永さん、飛石さん、久保田さん

エフエムスタッフコメント

第23回 ホノルルフェスティバル参加について八代妙見祭流鏑馬保存会の皆様にお話を伺いました。熊本地震復興祈願とユネスコ世界無形文化遺産登録を世界にアピールする目的で熊本を代表して参加することが決まったそうで、流鏑馬保存会のメンバーを中心に26名でホノルルに向けて旅立つとのこと。なんとガメのパレードへの参加も決まり、今回流鏑馬保存会のメンバーが組み立てや解体、演舞の練習を行い当日披露されるそうです。改めてガメの演舞の難しさや大変さなども感じることが出来、普段八代妙見祭を支えていらっしゃる流鏑馬保存会の皆さんにとっても新しい発見になったそうです。世界の舞台でまさに「八代の宝」から「世界の宝」になる瞬間を肌で感じ、また八代の皆さんに伝えたいと張り切るメンバーの皆さん。ぜひ私たちの思いも乗せて八代妙見祭をたくさんPRしてきてください!!

ホノルルフェスティバルについて、詳しくはこちら↓
http://www.honolulufestival.com/ja/

コメントを残す